・・・といっても、リタイアという選択肢があったのか謎です。

最近では当たり前のごとくですが、写真なしです。
変わりにといってはなんですが、
一緒に走ったkanaさんのブログでもご参考に。

kanaさんのブログ
マラソンしてきました。

気合入れて2周(約10km)走りました!

当日、走り出すまでの流れとしては、
「集合&点呼」→(移動:銭湯)→「荷物置き&着替え&ペア決め」→(移動:スタート地点)→「準備運動&スタート」
ってな感じでした。

とりあえずスタート。

8割くらいの方は一周コースの中、僕(とペアの方)は2周コースなので、
あんまりゴールするのが遅くなっても寂しいな、と思い、
何となく先頭集団についていこうと無茶言わせていただきました。
(直接は言ってませんが、何となく・・何となく・・。)

先頭の方は、噂には総合格闘家の方らしいですが、
一応コースの先導としてトップを走ってたので、
ペースを崩さないようにと理由をつけて、1周ついていきました。

一緒に走ってくれた方も、時々ジョギングをしていると聞いたので、
とりあえずどっちかが体力尽きるまで、ペースを落とさず頑張ろうと思い、
1周目は後半あたりに、若干疲れを感じましたがなんなく達成。

1周目ずっとついていっていた先頭の方は、1周コースで終了のため、
2周目からはペアの方と2人でペースをあわせて。

基本的に、初対面の方と打ち解けて話すのは苦手なので、
時々、「仕事は身体動かす仕事ですか?」とか
「そろそろ半分くらいですかね~」とか、
適当に2、3事話すくらいで、
あまり仲良く走ってたとも言えませんね。

ま、マラソンなので、
あまり無駄口叩いても体力消耗しますし、
それでいいかと。

さすがにほぼ同じペースで走り続けると、
2周目の後半はペースが落ちてきました。

それでも一緒に走ってる相手がそれなりのペースで走っているので、
ここでペースを崩すわけにもいかないと思ったりして、
負けじとペースを落とさないように走りました。

2人で一緒に走ると、お互いに相手のペースに合わせようとするからか、
別々に走るよりいいペースで走れる気がしました。
気を使っているのか気を使われているのか分からない感じです。

2周目の後半に、主催の方、歩きの方、取材の方が
固まって歩いているのを見つけ、手を振って抜き去り、
ティップネスの皇居ジョギングコースの集団の方を見つけたりして。

さすがに1周コースの人は追い抜けませんでしたが、
ゴールする直前に1周コース最後尾の人を視界に捕らえました。

そしてゴール!

カメラを持った取材の方が一人、ポツンと佇んでいただけで、
寂しいゴール。
ゴールテープがほしいと思ったのは僕だけだろうか。
(来年お願いします笑)

とくにゴール地点ですることもなく、
荷物置き場の銭湯へ向かいます。

銭湯の前あたりで、ゴール前に視界に捕らえた1周コースの人と合流。
まあ、kanaさん(とペアの方ともう一人)なんですが。

で、銭湯で汗を流し、(このあたりでペアは自然消滅して)
ちょっとのんびり湯船に使ってたら、汗が引かず。
とりあえず服着て、外で涼んでました。

久々にまともに10km走ったら、やっぱりきついですね。
1時間以内で走れたと思うので、そこそこいいペースでした。

完全に走るのが目的だったので、
その後みんなで食事したりとかはパスして、
でも結局おなかすいて、
kanaさんと夜の街へ消えていきましたとさ。

翌日、筋肉痛+足の付け根の痛みで
しばらくは歩くのも嫌なくらい苦しみましたが、
今は何とか落ち着きました。

3連休でよかったです。

3/1三浦マラソンは日曜日。そしてさらにハーフマラソン。
もう2,3回は走っとかないと、翌日会社に行けなそうな気が・・(汗)

走る直前と直後に、バンテリン?みたいなのを
ちゃんと塗っておくとだいぶ違うそうですが。

そんな感じで今年の走り出しは好調だったので、
引き続き頑張ります!